プロフィールProfile

元熱血県庁マン・介護士
 さとうしゅういち (佐藤周一)

1975年11月12日 福山生まれ東京育ち
1999年 東京大学経済学部卒業
2000年~ 広島県職員として労働や介護、医療、福祉行政に携わる
一方で平和や瀬戸内海の環境保護、男女共同参画、反貧困などの市民運動に参加
2011年 統一地方選挙で「あの」河井案里氏と対決するため退職
民間介護施設の事務を経て
2014年からは広島市内の老人ホームでヘルパーとして働くbr> 2011~2013年 広島市男女共同参画審議会委員
片目失明者友の会参与・広島介護福祉労組執行委員

さとうしゅういちの主な公約・スローガン

お金がなくても堂々と参加できる政治「民主主義の原点へ」

小選挙区制廃止 / 比例中心の選挙制度 / 政党交付金はいったん廃止 / 供託金の引き下げ /
ネット公開討論で市民参加 /「くじびき民主主義」の検討 /
核兵器禁止条約を日本政府に加入させる /「黒い雨」裁判を取り下げさせ世界中のヒバクシャ救済へ /
核兵器も核発電所もない社会 / 平和憲法をいかし人間の安全保障・SDGs最優先の政治を /
クリーンな分散型エネルギーでカーボンニュートラル / コロナ下のいまこそクリーンで血の通った政治を /
当面は消費税ゼロ含む思い切った負担軽減と給付 / コロナ下のいまこそ医療・ケア労働者の抜本的処遇改善 /
コロナ下で人々の悩みにこたえる現場公務員はきちんとした労働条件で補充 /
公立病院・公立高校つぶしは許さない / コロナバブルでもうかっている超大金持ち・超大手企業にはコロナ特別税 /
家族介護者・ケアラー支援推進法の制定 / DV性暴力被害者支援充実 / 非正規労働者の差別・使い捨てを許さない /
選択的夫婦別姓推進 / 法の谷間におかれた片目失明者に光を / など

政治家を志望した動機

小学校時代は東京で過ごしたさとうしゅういち。
担任の先生がなんと広島府中町出身の被爆者でした。
先生のおかげで平和とカープに目覚めました。
高校時代に井伏鱒二の「黒い雨」に涙し、大学で漫画家として核兵器も核発電所も環境破壊も貧困もない 「エコでピースな世界」を実現することを志すも1年で挫折。
広島の大学や小学校の先生方とインターネットで知り合い、平和や環境などのテーマで交流するうちに 将来は広島県出身の参院議員か市長または知事として世界に発信する決意を固める。
広島県庁と国家公務員1種に合格し、迷わず前者を選び、福祉医療や男女共同参画の行政に携わる一方で 平和や環境、ジェンダーなどの市民運動に参加。
また、山間部が自民党政治でさびれていく状況や、介護労働者、非正規公務員の労働条件の劣悪さに憤慨。
2011年に県庁を退職し、あの河井案里さんと対決。
広島の政治の政策不在ぶりを痛感。
敗北後、介護事務や介護現場での経験を得て、10年。
捲土重来、「広島の政治のリニューアル」に挑みます。

得意な政策分野とその理由
 ― 介護・福祉・男女共同参画 ―

県庁時代、介護事業所の指導・監督に従事。
現場の皆様の使命感にあこがれ、いつか介護職も経験したいとあこがれるようになる。
その一方で、監査のときに賃金台帳を拝見していて専門性やきつさの割に低すぎる給料に憤りを感じました。
女性が多い分野がゆえに男性本位の日本の政治で冷遇されていると思い、「全国フェミニスト議員連盟」に入り
広島県外の女性議員の応援にもかけまわる。
地元でも「エソール広島大学」を受講し、県庁退職。
河井元被告に敗北後は、介護事務、つづいて介護士として働き続けて10年近く。
行政と現場、双方の経験を活かせます。

座右の銘・好きな言葉

ひとりはみんなのためにみんなはひとりのために
核兵器に殺されるくらいなら核兵器に反対して殺される方を選ぶ

感銘を受けた本とその理由

井伏鱒二「黒い雨」 核兵器、ひいては放射能の恐ろしさを実感。核兵器・核発電所双方のない社会をめざすようになる。
また、主人公のめいが恥ずかしがって病気を悪化させたことから、医療へのジェンダー的観点の必要性も感じた。
主人公被爆した横川駅といのちからがら逃れてきた古市橋駅前での演説の際は、必ず言及するとともに、「核絶対否定」の決意を新たにしてきました。

著 書

NODU ヒロシマアピール / 電子書籍「役人からヘルパーへ」